アンティーク家具を選ぶ時に失敗しないためには何に気を付けるべき?

アンティーク家具を選ぶ時に失敗しないためには何に気を付けるべき?

高価な家具を長く使うなら素材やお手入れ方法に注目

高価なアンティーク家具の中には、湿気や水気に弱いデリケートな木材が使われているものが多く、長く良好な状態を維持するうえで、正しいお手入れを続けることがとても大切です。特に、製造から半世紀以上の期間が経過しているアンティーク家具については、ちょっとした外部からの衝撃や落下などの際にひび割れができたり、パーツが取れてしまったりすることもあるため、日ごろから丁重に扱うのがポイントです。

最近では、各地の輸入家具をメインに扱うインテリアショップを中心に、アンティーク家具の購入者のために自宅でできる簡単なお手入れの方法を紹介したり、メンテナンスキットの販売を行ったりしているところもあります。そのため、お目当てのアンティーク家具を購入する前に、理想的な家具の扱い方について担当者とよく相談をすることが重要です。

将来的に大掛かりな修理が必要かどうか確認しておこう

様々な種類のアンティーク家具の中でも、テーブルや本棚、食器棚、箪笥などの大型のアイテムについては、素人が適切に修理やクリーニングを行うのが難しいことがあります。また、経年劣化が進んでいる大型のアンティーク家具については、メンテナンスの方法を誤ることで、怪我に繋がるケースもあるため、購入に際して担当者に注意事項を教えてもらうことが大切です。大型のアンティーク家具のメンテナンスのタイミングや費用については、それぞの家具の素材やデザイン、製造年数などに大きく左右されます。そうした中、安心して日ごろからアンティーク家具を使い続けるため、定期的に大掛かりの修理に対応してくれる店舗を購入先に選ぶのも良いでしょう。

アンティーク家具を取り入れる場合には、小さなものでシンプルなデザインのものであればどんな部屋にも取り入れやすいです。まとまりが出たところで、テーブルなどの大きな家具を取り入れると統一感が出ます。