贈り物の定番カタログギフト!どんなメリットとデメリットがある?

贈り物の定番カタログギフト!どんなメリットとデメリットがある?

失敗するリスクが少なく済む

他人に贈り物をする機会は数多くありますが、その際には、相手が必要のないものを贈ってしまうというリスクを伴います。場合によっては、処分に困る贈り物を贈って、迷惑になってしまうかもしれません。そのリスクを下げられるのがカタログギフトの強みで、受け取った人が数あるラインナップの中から、欲しいと思ったものを選択することができます。カタログギフトには食品や電化製品、旅行のプランなど色々なラインナップがあるため、幅広い人のニーズに応えやすいです。

欲しいものがあるとは限らない

カタログギフトは選べるラインナップが豊富なのが強みですが、受け取った側が欲しいと思うものが、そのラインナップにあるとは限りません。特にラインナップの内容が特定のジャンルに集中している場合、他のジャンルのものが欲しくても、掲載されていないので選べないということになりやすいです。また、カタログギフトは贈り物として選ばれることが多く、欲しいものは過去にひと通り選んでしまって、もうカタログギフトで欲しいものは残っていないという場合もあります。

気持ちが伝わりにくいかもしれない

カタログギフトは、受け取った人によっては、あまり気持ちがこもっていないと捉えられるかもしれません。特に、どのような贈り物が欲しいかを直接訊ねられるような関係性だった場合、訊ねる手間を省いて、カタログギフトで手軽に済ませようとしていると考えられる恐れがあります。したがって、カタログギフトは、あくまでも贈り物で失敗するリスクを避けるため、ある程度距離の離れた関係性の人に贈る時に選んだ方が良いかもしれません。

カタログギフトならば複数の商品の中から、プレゼントされた人が欲しい物を選ぶことができます。喜んでもらえれば、贈った側としてもうれしいものです。